カテゴリ
全体
千軒地域活性化構想
千軒そば屋
千軒そば(栽培関係)
ブナの森百年観察林
千軒ブナの会
大千軒岳
殿様街道
千軒そばの花鑑賞会
千軒そばの会(手打ちの会)
千軒の歴史
千軒の自然
アイヌ語地名
大千軒冬山わくわく体験塾
ワークキャンプ@森づくり
かがり火コンサート
福島町史研究会
読売 しまふくろう
その他
以前の記事
2015年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
フォロー中のブログ


<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

頭上越えゆくヒヨドリ

e0070035_1020542.jpg

ピーョ ピィーィヨ
北海道最南端白神岬海岸
天からこの声がこぼれてくると
ヒヨドリの群れが遅れて
ガサッとやってくる
いつも不意にやってくるので
野球選手のように構えている。
今日も来た。
写真の画のあと
頭上越えの大群
あっとうされて
マジでごつごつの岩肌地面に
倒された。
それでも、
姿追うシャッター
連射音だけは
いつまでもつづいた。
[PR]
by anjls | 2009-10-28 12:18 | 千軒の自然

第10回殿様街道ウォークin秋 終了の御礼

e0070035_5151854.jpg

第10回殿様街道ウォークin秋
終了いたしました。
晴天にめぐまれ、素晴らしい紅葉に出会いました。
砲台跡・旧国鉄陸橋・茶屋跡・巨木ブナそして峠の茶屋
7km3時間半の行程に見られる名所旧跡の驚き。
参加してくださった40名のお客様には
ご堪能いただいた一日だったのではないでしょうか。
下山後十割千軒新そばに舌鼓。
400年伝統の松前神楽に「よーそろ」のかけ声。

なお、今年は渡島西部森づくりセンター(小林所長)主催
「千軒ブナの森百年観察林」も同時開催されました。
ブナの光のシャワーを浴び
みなさんリフレッシュ。
いい一日でした。

ご参加くださった
ご来賓のみなさまに感謝申し上げます。
・渡島支庁長寺山様
・渡島副支庁長浅利様
・渡島支庁地域政策部長秦様
・同地域政策課長宗万様
・函館土木現業所長下出様

散策後みなさんで、千軒吊り橋構想の
現地を視察していただきました。感謝。
[PR]
by anjls | 2009-10-25 19:13 | 大千軒岳

ヒヨドリの渡り

e0070035_3435769.jpg

対岸の竜飛岬へ向け
白神岬を飛び立ったヒヨドリの群れ
このあとすぐ下降し
ハヤブサなど狙う猛禽類の攻撃を避けるため
海面すれすれに低空飛行していく。
[PR]
by anjls | 2009-10-22 21:38 | 千軒の自然

ヒヨドリの大移動開始@白神岬

e0070035_942138.jpg

北海道最南端の白神岬を中心に
ヒヨドリの渡りが開始されました。
この二日間ほど、台風並みの
風と時化とで、
いつもの渡りの時期がいくらか
ずれ込んだように感じます。

そのためか、息せき切ったように
今日も南西の風7m、波3mと
けっこうな悪天候にも係わらず
つぎつぎと群れは
向いに見える竜飛岬へと
海面すれすれに
飛び立ちました。

中くらいの群れを
一部数えてみました。
約2000羽の群れ。
一日何万もの鳥たちが
渡っているといわれますが
その通りだと感じました。
[PR]
by anjls | 2009-10-22 12:48 | 千軒の自然

講演「箱館戦争と開陽丸」@石橋藤雄先生

e0070035_434542.jpg


10月17日午後1時より
福島町福祉センターにて

石橋藤雄先生の
講演「箱館戦争と開陽丸」
がありました。
福島町教育委員会・福島町史研究会共催

いまある江差の開陽丸(復元船)とその展示資料は
この石橋藤雄先生のご努力のたまものと聞いていましたが
如実に知ることができました。

あの司馬遼太郎が「街道をゆく 北海道の諸道」にて
石橋先生のお名前とそのお人柄を描いたのは
あまりにも有名です。

最近では、山本寛斎氏が
新刊「熱き心」PHP新書にて
尊敬する偉大な人物3人を描写していますが
ピカソ・司馬遼太郎のつぎに描かれた人物が石橋先生です。

御縁があり、福島町にてのご講演をいただきました。

箱館戦争渦中の榎本武揚が
江差で座礁した開陽丸から降りたあと
松前・福島殿様街道を経由して五稜郭へ帰った話や

シーボルトの逸話にはじめ
開陽丸発掘までのご自身の苦労話は
手に汗握る迫真のスペクタクルで
身につまされました。

また、地味でも記録を取ることの重要性。
その記録あってこその説得力。
開陽丸を調べていた
山本寛斎氏を夢中にせた意味が
よく理解できた講演内容でした。
[PR]
by anjls | 2009-10-17 18:34 | 千軒の歴史

第2回 神有月 かがり火神楽 終了御礼

e0070035_18173467.jpg


第2回 神有月 かがり火神楽 終了御礼

ぬばたまの闇の野外閑雅空間
400年伝統の松前神楽を1000年の先へと
繋げる伝承の場

第2回 神有月 かがり火神楽

皆様の御声援をいただき
無事終了いたしました。

文字通り
「お客様は神様」だけのコンサート
このときばかりは、福島町の神社境内のみ「神有月」

暗闇を月面のように舞う楽人達
その生き生きとした舞の大きさに
心打たれました。

百万のウバユリの種を書き込んだ
長谷川雅志作の布のインスタレーションも
神々へメッセージを伝えます。

福島町ならではの
千年神楽伝承サポート企画

八百万の神々から
盛大な「よーそろー」(よかった)のかけ声が
聞こえたのは、私のみではありません。
若き楽人の耳にも
鳴り響いたのです。
神楽の町福島町
これからも
みなさんの御声援を
よろしくお願い申し上げます。


報道機関の方々には
多数おいでいただき
感謝申し上げます。
10月11日(日)の朝刊2紙を飾っていただきました。
・函館新聞 1面カラー
・北海道新聞 函館・道南版カラー

-----------------------------
【企画趣旨】

10月は神無月と呼ばれ、日本中の神々が島根県の出雲大社に
集まるとされています。私達実行委は「神様がこの時間だけは福
島に駆け付ける」という趣旨でテーマを「神有月」とさせていた
だきました。よく言われる「お客様は神様です。」との表現通り、
「神々」をお客様に見立てて神楽八座を舞います。
 人工的な明かりは一切ないなか、かがり火のもと神様だけに奉
納する松前神楽が行われます。神楽の原点に迫り、「神楽の町」と
して地域を盛り上げていこうと企画です。
※神社宮司は亡くなると神になるといわれています。今夜集う神々
には、先代16代目故常磐井武宮宮司も含まれます。師匠としての神々
へ舞を捧げ、あらたなる伝承を未来へと繫げていきたい。

  ◆日 時 平成21年10月10日(土)17:30~19:00
  ◆場 所 福島町 福島大神宮境内・相撲土俵



■演目八座について

1.祝詞舞(のりとまい) 幣帛(みてぐら)舞、 榊(さかき)舞ともいう。 斉主が狩衣、 烏帽子(えぼうし)姿で、 青木、 白木綿、 麻糸を付けた 「清道幣」 を持って舞う。

2.荒馬舞(あらうままい)松前遊(しょうぜんあそび)ともいう。 城中神楽の際藩主の機嫌が悪いので、 馬の好きな藩主を慰めるため、 神主一同が即興的に舞ったといわれ、 鬼狩衣、 白襷、 麻糸の髪しゃがを被り、 跡祓舞の御幣二本を斜めに腰に指し、 扇二本、 五色絹垂(十二鈴)を持って舞う。

3.山神舞(さんじんまい)山神楽ともいう。 白衣袴に赤し熊や毛が (髪) を被り榊を付した御幣二本を背腰に交互に指し、 剣を腰に差し舞うが、手指を交差するのは大山祇神、 木花咲耶姫(このはなさくやひめ)神の二人の男、 女山神を表現し、 山神を祭る舞である。

4.八乙女舞(やおとめまい)女性二人が白衣、 緋袴、 千早を着し、 扇を持って舞う。 松前神楽は本来男性の舞で、 この舞は後代にいたって創造されたものと考えられる。

5.神遊舞(かんあそびまい)天皇遊びともいう。 胸当を被り長烏帽子、 白鉢巻、 白襷たすき、 一人三本、 一人二本の弓矢を負い、 左手に弓、 右手に玉鈴を持つ武神二人の舞。 この舞は松前家十世藩主矩広作と伝えられる。

6. 鈴上舞(すずあげまい)狩衣、 烏帽子、 左手に舞扇、 右手に十二鈴を持って舞う。 鈴は神の心を鎮めるといい、 これを上下するので鈴上という。 本来は神官の舞であったが、 最近は女性が舞っている。

7.跡祓舞(あとはらいまい)福田ふくでん舞ともいい、 狩衣、 烏帽子で、 斉竹に青木、 御幣、 麻糸を付けた御幣を両手に持って舞う。

8.獅子舞(ししまい)十二回手が変ることから十二の手獅子舞ともいう。 獅子頭は黒塗低額鹿系統の獅子頭で、 それに十二反の黒地に白の日月を染抜いた幕に、 麻糸の尾を付したものを用いる。
  御稜威舞 (獅子の上)、 扇の手、 劒の手、 獅子五方、 糸祓、 柱固め手、 鈴の手、 三方頭、 面足獅子の順に行われるが、 これには獅子取役、 尾取役、 猿田彦役、 角出つのだし役等が必要である。
[PR]
by anjls | 2009-10-11 06:27 | かがり火コンサート

千軒そば 豊作

e0070035_18281217.jpg


千軒新そば刈取作業

お待たせしました、福島町千軒で
千軒新そばの収穫が始まりました。
コンバイン2台での作業。
昨年より収量が多いため
大幅に時間がかかりそうと
関係者。
今年は、はじまって以来の
大豊作。と大喜びです。

この後、収穫された蕎麦の実は北海道でも
めずらしい自然乾燥方により
千軒小学校廃校の体育館のなかで
3週間ほど乾燥され新粉になります。

11月頭頃には、千軒そば屋に
おいしい”千軒新そば”が登場する予定です。
みなさんお楽しみに。
[PR]
by anjls | 2009-10-10 18:20 | 千軒そば(栽培関係)