カテゴリ
全体
千軒地域活性化構想
千軒そば屋
千軒そば(栽培関係)
ブナの森百年観察林
千軒ブナの会
大千軒岳
殿様街道
千軒そばの花鑑賞会
千軒そばの会(手打ちの会)
千軒の歴史
千軒の自然
アイヌ語地名
大千軒冬山わくわく体験塾
ワークキャンプ@森づくり
かがり火コンサート
福島町史研究会
読売 しまふくろう
その他
以前の記事
2015年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
フォロー中のブログ


<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日の大千軒岳

e0070035_1652972.jpg

山のあちこちで紅や黄は
いよいよ(といっても昨年よりは遅めですが)
色づきはじめました。
[PR]
by anjls | 2008-10-29 17:04 | 大千軒岳

千軒ブナの森100年観察会

e0070035_655077.jpg

10月25日(土)
千軒ブナの森100年観察会
(渡島西部森づくりセンター主催)が
晴天のもと開催されました。
13本のブナの成長を100年見守る
平成18年からのこの事業
2年間で
胸高直径が8cmだったブナは8.6cmにも
育っているのが分かりました。

木の成長は、10年・100年というモノサシで
観察するものと認識していましたが
当たり前ながら毎年毎年成長しているのです。

見た目では決して分からない事実を
しっかりと記録をとることの価値と重要性とを
再確認しました。

百年後の殿様街道のブナ林

大きな森に人々の豊かな歴史が
紡がれていることでしょう。

折しも、巨木ブナに向かう山道を
歩いていると、神楽の音が聞こえてきました。
(楽人のブナの森へのこころづかいです。)

いい空気といい楽曲・いい空想
参加者の皆さんは
今日一日
木漏れ日のなか
かけがえのない時間を有意義に
過ごされたのでは
と思ったのは私だけ
でしょうか。



<以下写真の説明です。>
・森づくりセンター所長の挨拶
・森の名人笹島さんの山の解説
・殿様街道の歴史説明
・紅葉に囲まれる大千軒岳
・ブナ百年観察会風景
・蠣崎波郷も愛でた紅葉
・旧松前線と茶屋トンネル
・四十八瀬といわれた川を渡る
・松前神楽の楽人による演奏
[PR]
by anjls | 2008-10-28 06:26 | ブナの森百年観察林

神有月 かがり火神楽 10月25日終了御礼

e0070035_4545238.jpg


神々へのプレゼント
神有月 かがり火神楽

全国発のこころみではないだろうか

漆黒の闇
かがり火とろうそく提灯のあかりのみで
舞う松前神楽
幻想的で神秘的で
いつも見ている神楽の感動とは
全く異質の愕きを体感した。

長谷川雅志作の背後の布作品が
舞を祝福し
25mもの長い
布のインスタレーション2本が
闇を織りなし
神楽舞台から神々の客席?まで延び
楽人の願いと思いを伝えているかのようだ。

見つめているのは神々だけの空間
しかしながら
楽人は、闇のなかで
いつになく生き生きとその
連続する動作を芸術へと極めた

悠久の時をたたえて
神々が伝えた松前神楽

今、その歴史の末端で
これまでで最高の舞が
神々にのみ披露されたのだ。


<8座奏上>
神楽初(かぐらそめ)
祝詞舞(のりとまい)
鈴上舞(すずあげまい)
福田舞(ふくたまい)=跡祓舞(あとはらいまい)
利生舞(りしょうまい)
荒馬舞(あらうままい)
三番叟舞(さんばそうまい)
獅子舞(ししまい)→獅子の上(ししのじょう)=御稜威舞(みいつまい)

*最後の舞「獅子の上」はなんと十数年ぶりに舞われた舞だという。
[PR]
by anjls | 2008-10-26 04:46 | かがり火コンサート

今日のアタック→ヒヨドリの群にハヤブサ

e0070035_443763.jpg

ヒヨドリの渡りの群に
ハヤブサがアタック直前

白い腹をぶきみに光らせ
狙いを定めて
急降下に加速する若きハヤブサ

いまかいまかの緊迫感に
手に汗握る瞬間でした。
[PR]
by anjls | 2008-10-25 04:50 | 千軒の自然

今日の渡り→ヒヨドリ

e0070035_18273511.jpg

北海道最南端白神岬では
いま、ヒヨドリの「渡り」がピークを迎えています。
最短の青森竜飛崎へ向かう数千数万羽の群れが
切れ目無く朝7時ころから9時近くまで
感動的な命の瞬間をつぎつぎに
海上に繰りひろげています。
光に波打つ群れは
まるで、レオ・レオニ作の
小魚スイミー(みんなで集まって巨大漁を演出した)のよう
ハヤブサをもしのぐ大きな鳥のふりでもしているのでしょうか?

うごめく巨大な鳥の集合体は盛り上がったかと思うと
竜巻のように急降下し、こんどは海面すれすれに
はいつくばるがごとく波しぶきを浴びながら
磯周りの舟を尻目に
つぎからつぎへと
見えなくなって行くのでした。
[PR]
by anjls | 2008-10-22 18:53 | 千軒の自然

秋の殿様街道トレッキング@湯ノ川オンパク 終了御礼

e0070035_572156.jpg

10月19日(日)
湯ノ川オンパク主催・福島町千軒地域活性化実行委員会協力による
「紅葉満喫!殿様街道トレッキング」が晴天のもと開催されました。
自然に癒され・歴史に学び・食を味わい・伝統を楽しむ
(=巨木ブナ・歴史説明・千軒そば・松前神楽)
4拍子そろった福島町千軒地区でのプログラム
ご好評いただき終了いたしました。

オンパク実行委員会のみなさま、
参加してくださった皆様に心より感謝申し上げます。

<ご協力御礼>
福島町
渡島西部森づくりセンター
[PR]
by anjls | 2008-10-20 05:24 | 殿様街道

新ソバ登場!!

e0070035_9204775.jpg

お待たせしました
10月15日
千軒そば屋に
いよいよ
新ソバが登場しました。

そば屋経営者である農家の方々が自ら
栽培→収穫→自然乾燥(北海道唯一)と
大変な作業を積み重ね
千軒産十割ソバを誕生させました。
ダシのコンブ・シイタケも福島町産です。

大千軒岳の山の清澄な息吹と一緒にススッと
新ソバを是非味わって見てください。

営業日は、毎週
水・木・土・日 11:30から14:30まで
[PR]
by anjls | 2008-10-17 06:42 | 千軒そば屋

紅葉満喫!秋の殿様街道@湯ノ川オンパクメニュー

e0070035_4372720.jpg

第4回はこだて湯の川オンパク開催!
「街を知り、人とふれあい、好きになる」
をテーマに始まりました。

10月19日(日)開催の
秋の千軒殿様街道トレッキングも
メニューのひとつです。

興味のある方は
是非、下記のHPを御覧下さい。
↓↓↓
http://hakodate.onpaku.org/
[PR]
by anjls | 2008-10-06 04:49 | 殿様街道

今日のクロツグミ@千軒探鳥会

e0070035_20265814.jpg

福島町旧千軒小学校校庭で
日本野鳥の会道南桧山支部主催の
探鳥会が開催されました。
クロツグミ・アオジ・ウグイスなどが
捕獲されました。
林支部長さんからの詳しく野鳥の説明を
していただきました。
参加者は耳元で聴く
アオジの心臓の鼓動の速さに
目をまるくしていました。

今年の白神での調査では
昨年と同じくらいの数の鳥が
飛来しているとのことです。
種類は、六十数種類とのこと。
e0070035_20271662.jpg

元気のいい
クロツグミ
[PR]
by anjls | 2008-10-05 20:32 | 千軒の自然