カテゴリ
全体
千軒地域活性化構想
千軒そば屋
千軒そば(栽培関係)
ブナの森百年観察林
千軒ブナの会
大千軒岳
殿様街道
千軒そばの花鑑賞会
千軒そばの会(手打ちの会)
千軒の歴史
千軒の自然
アイヌ語地名
大千軒冬山わくわく体験塾
ワークキャンプ@森づくり
かがり火コンサート
福島町史研究会
読売 しまふくろう
その他
以前の記事
2015年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
フォロー中のブログ


<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第8回女だけの相撲大会

e0070035_5551888.jpg

福島町第18回女だけの相撲大会
これまで国内遠いところでは岡山県から毎年出場
していただいていますが、
今年の特徴は、道内英語教師(AET)のネットワークで
国際色豊かな=グローバルな大会となりました。
(アメリカ・カナダ・ニュージーランド・イギリス・・・)
ある場面では、プロサッカーの観衆がやる
ウェーブなどまでが会場に出現。
日本の相撲シーンでは見られない
ほど感動が波打ち盛り上がりました。
優勝は「おでぶやま」昨年の雪辱を
はらしました。

そのなか、高橋はるみ知事が
応援に駆けつけてくださり、
サミット北海道の雰囲気を
ココ福島町で垣間見られたのでは
ないでしょうか。
知事賞の授与あり。
[PR]
by anjls | 2008-05-13 06:06 | その他

第8回殿様街道ウォーク終了御礼


e0070035_112524100.jpg
連休の頭5月3日・4日の二日間にわたり
福島町「第8回殿様街道ウォーク」が開催されました。
お陰様で両日、よい天気に恵まれ新緑の息吹の中
古に思いを馳せ、快い汗をかくことができました。
これも、皆様の御声援のお陰と感謝と御礼を申し上げます。

参加者の最高齢(男性)の方は81歳。函館から前日千軒民宿にて宿泊し
お一人で参加されました。ウォーキングはするが山は初めて
とのことで、スタート時は心配しましたが、7km-3時間半を
悠悠と楽しんで下山されました。(参加者平均年齢は約60歳)
2日間で70名ほどが楽しまれました。

かつて蠣崎波響は、この道を称賛し「一水四十八曲翠」と
漢詩に書き留めています。
また、
円空・伊能忠敬・菅江真澄・松浦武四郎・土方歳三など
多くの歴史上の人物がこの道を通り記録が残されています。
知れば知るほど味わいのある道が「殿様街道」です。

コース終了後は、千軒で栽培される香り高い「十割千軒そば」を食べていただき、
300有余年伝統の北海道無形文化財「松前神楽」を観賞していただきました。

魅力あふれる千軒地域は、皆様を心よりお待ち申し上げます。

春の花々や新緑も格別ですが、秋の紅葉もまた一興。
今年の10月にも散策をしますので
是非いちど、福島町殿様街道にいらしてください。

以上、御報告まで、
これからも福島町をよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by anjls | 2008-05-06 11:27 | 殿様街道

コンブ新幹線「雲竜号」登場@JR函館駅

e0070035_2164341.jpg

みなさん、お知らせです。
私ども、福島町の町民有志で作った
「コンブ新幹線」がいよいよ
JR函館駅でデビューすることとなりました。
福島町民の思いを乗せて、駅コンコースに展示されます。
お時間のある方は、是非覗いてみてください。
きっと、未来の新型新幹線にお目にかかれることでしょう!!
この新幹線の由来についての蘊蓄を最下記に記しましたので
宜しくおねがいいたします。
いつも、お騒がせして申し訳ございません。
福島町をこれからも、よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

・写真は、函館駅構内に設置されたコンブ新幹線「雲竜号」
・赤丸印は、それを熱心に見入る児童の遠景写真です。
-----------------------------
《NEWS RELEASE》平成20年4月30日(水) JR北海道函館支社

■コンブ新幹線「雲竜号」函館駅展示についてのお知らせ■

函館支社では、北海道新幹線開業に向けて福島町のPRと
未来の乗り物をイメージして製作されました、コンブ新幹線
「雲竜号」を5月1日(木)~5月31日(土)
函館駅コンコースに展示いたします。

展示期間 平成20年5月1日(木)~5月31日(土)
展示時間 10時00分~17時00分
展示場所 函館駅コンコース

お問い合わせ
JR北海道函館駅
TEL:0138-23-3085

JR北海道旅客鉄道株式会社
-----------------------------
《イカ解説》

作品名コンブ新幹線「雲竜号」
製作者    鳴海健児(元青函トンネルマン)
アイデア提供中塚建設株式会社
製作年月日2008/04/25

1. デザイン
福島町を代表する水産物「コンブ」&「イカ」、それに世界一長いトンネル「青函トンネルのまち」と「横綱を2人も誕生させたまち」これら4つのファクターを一つに凝縮して将来私たちの町の海底を走る「未来新幹線」をイメージ表現しました。

2. 印 象
表面素材は総てマコンブを使用し意外性を持たせ、スピード感をヤリイカの流線型で表現しています。まるで、宮崎駿作の「猫バス」や映画「宇宙戦争」の航空母艦のような見る人を異質な空間世界に引き込む訴求力とインパクトを与えるのではないでしょうか。

3. メッセージ
製作者の鳴海さんは、元青函トンネルマンです。自らの手でトンネルを掘ったという思いをこの新幹線に織り込めて作業しました。また、北海道を象徴する海産物を使用。「コンブとイカで未来の乗り物を作る」という方法で見る者へ豊かな海のまち福島町の未来メッセージを伝え、北海道らしさを伝えます。また、この作品は「町自慢」の具現化であり、老若男女を問わず全町民が誇らしく表現できる郷土愛の象徴としてそのメッセージを発信します。

4. 環境との連携
コンブ本来が持つ環境浄化イメージと新型新幹線の高速イメージを共通項に環境浄化をいちはやく実現する北海道の姿勢を表します。また、北海道洞爺湖サミットの主要テーマである「地球環境」を彷彿とさせるアピール力のある作品と評価いただければ幸いです。

5. ネーミング
「雲竜号」の名前の名付け親は、JR北海道函館駅駅長 松原光雄さんです。
コンブ新幹線には、横綱千代の富士にちなんだ「雲竜型」のパンタグラフが屋根中央に配置されています。
------------------------------------
以上、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by anjls | 2008-05-01 21:03 | その他




北海道南西部 自然ゆたかな千軒でのできごと 歴史・食(ソバ)・文化・まちづくりなどあれこれ
by anjls
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧