カテゴリ
全体
千軒地域活性化構想
千軒そば屋
千軒そば(栽培関係)
ブナの森百年観察林
千軒ブナの会
大千軒岳
殿様街道
千軒そばの花鑑賞会
千軒そばの会(手打ちの会)
千軒の歴史
千軒の自然
アイヌ語地名
大千軒冬山わくわく体験塾
ワークキャンプ@森づくり
かがり火コンサート
福島町史研究会
読売 しまふくろう
その他
以前の記事
2015年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
フォロー中のブログ


<   2007年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

千軒ブナの森100年観察林ガイドマップ完成

e0070035_1740544.jpg

e0070035_17402751.jpg

千軒ブナの森100年観察林ガイドマップ
が完成しましたのでお知らせいたします。
千軒ブナの森100年観察林
の全体地図とその周遊写真
で構成されていて
散策箇所と写真に番号がついています。
ちょうど、殿様街道ウォークの周遊図・写真にも対応していて
現在地などが非常に分かりやすくなっています。
大千軒岳の麓にあたるこの一帯の
樹木や花や風景など
魅力ある観光資源がこの一枚で
表現されていてついつい散策してみたくなります。
その他、下記情報が掲載されています。
・ブナについての豆知識
・観光資源の説明文
・おおよその歩行距離表示

■お問い合わせは
 渡島西部森づくりセンター
 管理課管理係 ℡0139-42-2013 まで。
[PR]
by anjls | 2007-03-27 17:58 | ブナの森百年観察林

読売新聞コラム「しまふくろう」No.20 ローカルな歴史と萌芽

讀 賣 新 聞
2007年(平成19年)3月27日(火曜日)
しまふくろう
      ローカルな歴史と萌芽  


 自分の住む町が、どんな不思議な歴史を育(はぐく)んでき
たのか興味津々である。とくに道南は隆々たる史伝に溢(あふ)
れワクワクドキドキする。
 江戸時代を例にしても福島町は、実は北海道稲作成功の双葉
であり、鰊(にしん)漁発祥の地であった。また、清国貿易の
長崎俵物(干しアワビ・煎(い)りナマコ)は私たちの誇るべ
き前浜産であり、バチカンも注目した千軒岳にはゴールドラッ
シュで何万人という渡海の人々が上陸して止(や)まなかった。
これら町の史実に耳をそばだて、目をパチクリさせることはこ
の上なく地域を祖先を敬愛することとなり、温故知新効果絶大
である。即(すなわ)ち、歴史に学び私たちの未来を自ら切り
開こうとの心の萌芽(ほうが)に通ず。
 福島町史研究会では、この意義を常に御教示くださる永田富
智顧問のお名前を記念し「永(はるか)」という会報を年1回
発行している。今回のメニューは、ある漁師の歴史/ある医師
の歴史/キリシタン秘話/道路の変遷/福島町歴史ガイド/わ
が町スルメの歴史などなどローカルな歴史考察がめじろおしだ。
編集・コピー・製本と会員相互が自ら分業により手作りで作成
した念願の「永第6号」がいよいよ発行される。
(福島町・会社社長)
[PR]
by anjls | 2007-03-27 01:40 | 読売 しまふくろう

今日の鳥:ウミアイサの雌雄

e0070035_21122082.jpg

岩部海岸はウミアイサの雌雄ばかりが
訪れているようです。
岩部漁港内・白糸の滝前の海岸とで
3組ほど発見されました。
多少の波をものともせず
餌をあさりに海面下を探索していました。
向こうが♂
手前が♀
[PR]
by anjls | 2007-03-23 21:12 | その他

今日の山菜→ふきのとう

e0070035_16294294.jpg

e0070035_5424016.jpg

今日の山菜
→ふきのとう
天ぷらにすると結構香ばしくて
美味なのですね。
(福島町内の蕎麦屋「おふくろ」で
食べたことがあります。)

岩部海岸
南向きの斜面では
そろそろ
山菜たちによる
春を呼ぶ賑やかなシュプレヒコールが
はじまりそうです。

> うんちく <
蕗の薹(ふきのとう)
(「蕗の塔」からか)春の初めに蕗の根茎から生え出る花茎。ふきのじい。ふきのしゅうとめ。(季)春。文明本節用集「款冬、フキノタウ」--広辞苑より引用--
[PR]
by anjls | 2007-03-23 16:31 | その他

今日の海岸

e0070035_162843100.jpg

今日の昆布干し風景です。
岩部海岸入り口の字塩釜にて

> うんちく <
「塩釜」の由来
この写真の場所は
かつて、鰯(いわし)のよい漁場でした。
この獲れた鰯を貯蔵するには塩が必要であったため、
現在の塩釜地区で製塩をしており、これが地名の由来となっています。
ちなみに、
「しおがま」地区は別名「かまや(釜谷)」ともいいます。
「かまや」の由来は
アイヌ語で、平らな岩盤のあるところの意。
干潮時はあざやかに海中から陸地が出現します。
木古内町の海岸や道内各地にも同名の地名がありますが
これも同じ由来です。
[PR]
by anjls | 2007-03-23 16:29 | その他

今日の津軽海峡→貨物船

e0070035_16213858.jpg

今日も津軽海峡を渡る貨物船。
船体に”COSCO”と名前が見えます。
Googleで検索してみました。
下記のホームページが現れました。
驚きですね。
本来、名も知らぬ貨物船。
船名からトレーサビリティが可能とは!
http://www.cosco.co.jp/coscoJp/index.jsp
[PR]
by anjls | 2007-03-23 16:27 | その他

今日の大千軒岳

e0070035_6244063.jpg

年に何回あるのでしょうか。
雲一つ無く
久しぶりに空の青さが戻ってきました。

今日の大千軒岳
純白の山は
威風堂々
くっきりと思う存分
雄大に佇んでいました。パチパチ。
[PR]
by anjls | 2007-03-23 06:27 | 大千軒岳

今日の大千軒岳

e0070035_683180.jpg

良い天気。
絶好のシャッターチャンスと
思いきや
やはり、暗雲はすぐさま立ち籠め
山も気持ちにも一気にグレーに・・・

大千軒岳の
ピカッとひかる
瞬間をいつか絵にしたいものです。
[PR]
by anjls | 2007-03-22 06:12 | 大千軒岳

今日の千軒そば:盛り蕎麦

e0070035_61613.jpg

11時30分
千軒そば屋は営業しています。
早い時間ですが、
私のあと3人連れ・2人連れと
たてつづけに
ソバの注文がつづきます。
天気の良い祭日なので
家族連れでのお立ち寄りがめだちました。
お持ち帰り
も定着してきたのか
袋を下げて帰るお客様も何人かいらっしゃいました。
[PR]
by anjls | 2007-03-22 06:07 | 千軒そば屋

今日の大千軒岳

e0070035_1633663.jpg

撮影場所まで到達すると
もう山は雲に覆われはじめていた。
頂上は風も強いらしく
いつもの凛々しい表情が
ゆるんで見えた。
3月15日は
福島中学校の卒業式だった。
全校生徒が涙で校歌をうたう。
<1番から>
千軒の高嶺(たかね)にいでぇてぇ♪
山川はたぎつおどりつ♪
大海(おおうみ)をさしてぞぉすすむぅ♪
新たなる世運(せいうん)にぃ向かう♪
健(たけ)きぃぃ子はぁ
かくぅもぉ生きおぉおぉ♪

けだし名歌。
卒業生よ、つらくなったら
大千軒岳を見に行こう。
そして、福中校歌を歌うのだ!(先輩より)
[PR]
by anjls | 2007-03-18 16:10 | 大千軒岳