カテゴリ
全体
千軒地域活性化構想
千軒そば屋
千軒そば(栽培関係)
ブナの森百年観察林
千軒ブナの会
大千軒岳
殿様街道
千軒そばの花鑑賞会
千軒そばの会(手打ちの会)
千軒の歴史
千軒の自然
アイヌ語地名
大千軒冬山わくわく体験塾
ワークキャンプ@森づくり
かがり火コンサート
福島町史研究会
読売 しまふくろう
その他
以前の記事
2015年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
フォロー中のブログ


<   2006年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

060829 大雨のあと

e0070035_6225086.jpg

朝の大雨にやられました。
9割がた横になってしまいました。
そばの花観賞会まであと4日間。
どれだけ回復してくれるか。
祈るばかりです。

農業の難しさを感じます。
[PR]
by anjls | 2006-08-29 07:24 | 千軒そば(栽培関係)

8月27日(播種44日目)花+虫+そばの実@千軒そば

e0070035_956339.jpg

e0070035_9561730.jpg

[PR]
by anjls | 2006-08-27 09:56 | 千軒そば(栽培関係)

8月26日(播種43日目)花+虫+そばの実@千軒そば

e0070035_3561812.jpg

e0070035_3564333.jpg

[PR]
by anjls | 2006-08-27 03:56 | 千軒そば(栽培関係)

8月24日(播種41日目)花+虫ムシムシムシ@千軒そば

e0070035_11535738.jpg

e0070035_11541464.jpg

日増しにムシが多くなっています。
大きいのも小さいのも。
集団で渦をまいている小さいのには
ほとほと困惑してしまいます。
アミでできたカブリモノを通過してしまうからです。
こんなときは、もったいないけれど
一目散に退散です。

ソバの背丈は140cm前後かな。
今日の特徴は
最上位の花房から
セカンドステージ(下の)へ以降している
ような気がしました。
下の花々も準備できたようです。
甘い蜜が彼らを呼び寄せて
子孫を残す手助けをさせようという
魂胆みえみえです。

今年の畑ですが
成長がはやすぎるようです。
実入り開始がこんなに
はやければ
花見会の9月2日3日の清澄な白を
キープできるかどうか心配です。
[PR]
by anjls | 2006-08-24 11:54 | 千軒そば(栽培関係)

読売新聞コラム「しまふくろう」No.11 X氏の活用と未来

 平成18年8月24日(木)
読売新聞コラム「しまふくろう」No.11

X氏の活用と未来 T.N.

「北海道でいちばん気に入ったのが千軒。ココで骨を埋める。」
そう言って6年前、札幌から福島町へ引っ越して来たアウトドア
・プロのX氏。かつては、大会社の実力営業マンとして北海道支
店を任された程の企業戦士だったそうだ。なるほど、彼の卓越し
た見識と行動力を持ってすれば、この地域が抱える“まちづくり”
の諸問題を一気に解決出来るかも知れない。彼の考えを取り入
れ実践してみよう。と有志の面々は様々な活動に取り組んできた。
例えば、自然と歴史が息づく「殿様街道」の活用。ブナの森百年
観察林の設置。幻の十割ソバの生産と千軒そば屋の営業展開。
また、松前神楽奏上によるソバの花見会の開催。極めつけは東
京以北最大の吊り橋構想などなど。これまで眠っていた地域の
魅力ある観光資源が次々と掘り起こされ多少の雇用も生まれた。
ところで、来年より700万人もの団塊の世代が定年退職へと突
入するそうだ。千軒地区の活動が成功か否かの判定は時期尚
早だが次なるX氏の活用こそが地域の未来を左右するのかも
知れない。そのためには、受け入れる我々住民の姿勢こそが
問われているのだ。
[PR]
by anjls | 2006-08-24 11:43 | 読売 しまふくろう

8月20日(播種37日目)花+虫ムシムシ@千軒そば

e0070035_23314311.jpg

e0070035_2332063.jpg

朝寝坊の毛深きマルハナバチ?が
ソバの本葉の裏側に張り付いて
睡っています。
ソバの花の美しさと
けっこう
月とスッポンで
「美女と野獣」という表現を
思い出してしまいました。

ソバの背丈は130cm前後はあります。
朝6時にも
はや虫だらけ
特に、小さな虫が
撮影する耳元で
ブンブン
うなって
完全防備にも
かかわらず
蚊に食われながらの
撮影でした。

*写真はマルハナバチでしょうか?インターネットの
イメージ検索であたりをつけたのですが
間違っていましたらどなたか教えてください。
[PR]
by anjls | 2006-08-20 23:32 | 千軒そば(栽培関係)

ソバ畑感謝の舞 来月福島で松前神楽と花観賞会

9月の「千軒そば花見会」の記事が神楽写真つきで掲載されました。
読売新聞(全道版)です。
--------------------
讀 賣 新 聞
2006年(平成18年)8月19日(土曜日)
ソバ畑感謝の舞 来月福島で松前神楽と花観賞会
  中学生が「巫女」で参加
 純白のソバの花が一面に広がるソバ畑の中で道文化財の
松前神楽が披露される「千軒そば」の花観賞会が、9月2日に
渡島・福島町の千軒地区で開かれる。
 千軒地区では、かつて日常生活の中で栽培されていた
ソバを復活させようと、地元住民らがグループを結成して
ソバ作りに取り組んでいる。今年は約2.5ヘクタールに作付けされた。
 ソバの花観賞会はPRの一環で、今年で5回目。
ソバ畑の中にしつらえた畳4畳分ほどの舞台で、
福島大神宮の神官らが収穫を感謝して神楽を奉納する。
今回は、今年3月から神楽を習っている女子中学生2人が、
巫女(みこ)の姿で舞う「八乙女舞(やおとめまい)」を2年ぶりに披露する。
 神楽は午後0時半開始予定。雨天の場合は3日に順延。
観覧料として1,000円(小・中学生500円)必要だが、
神楽観賞のほか、ジャガイモ掘りや塩ゆでジャガイモが
食べ放題だ。
問い合わせは、
千軒そばの会の
常磐井武宮・福島大神宮宮司(℡0139-47-2062)へ。
[PR]
by anjls | 2006-08-20 22:07 | 千軒そば(栽培関係)

8月19日(播種36日目)本葉?~??+花+虫@千軒そば

e0070035_838347.jpg

e0070035_8384829.jpg

昨日の大雨で畑の中に
まるで熊の寝たあとのような
大きな穴が5・6箇所。
雨の力でソバが倒されたのです。
ちょっと残念ですが
自力で起き上がることもあります。
回復を期待しましょう。

ズームアップ
そろそろ
実がついてきた花房も
ちらほら
これから咲く蕾もあれば
もう、実をつけたものもあり
一本の茎にも
さまざまな成長ぶりが
うかがえて
非常に感心してしまいます。
身長は平均1m20前後。
本葉の数はもう数えきれません。
ギブアップごめんなさい。
[PR]
by anjls | 2006-08-19 08:38 | 千軒そば(栽培関係)

全日空ANAのHPに千軒情報が掲載されました。

e0070035_6345962.jpg

下記ページをご覧下さい。(文字をクリックしてください)
https://www.ana.co.jp/travel/topics/dosanko/200608/060817/index.html
[PR]
by anjls | 2006-08-18 06:37 | 千軒の自然

8月16日(播種33日目)本葉22~55+花+虫@千軒そば

e0070035_2021031.jpg

e0070035_20211552.jpg

今日も朝7時すぎ
虫たちは大忙し。
その
種類も増えているようです。
学術的な名前は分かりません。
ミツバチ・マルハナバチ・アブそれにアリまでが。
ソバの花の受粉を助ける働きをしているのでしょうか?
マルハナバチ?の今朝の動きを観察しました。
まるで、白い花房の海を義経のフットワークのように
間髪を入れず、つぎつぎと飛び渡る姿が勇ましくも
頼もしくも見え感心しました。

千軒ソバの
白い花の海は
よーく見ると
実は
虫の海でもあったのです。

虫が多いので
豊作が期待されます。

農家の笹島さんが
犬の散歩がてら
畑を見ていきました。
虫の撮影に夢中で
満足に御挨拶できませんでした。
失礼しました。
[PR]
by anjls | 2006-08-16 20:21 | 千軒そば(栽培関係)




北海道南西部 自然ゆたかな千軒でのできごと 歴史・食(ソバ)・文化・まちづくりなどあれこれ
by anjls
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧