カテゴリ
全体
千軒地域活性化構想
千軒そば屋
千軒そば(栽培関係)
ブナの森百年観察林
千軒ブナの会
大千軒岳
殿様街道
千軒そばの花鑑賞会
千軒そばの会(手打ちの会)
千軒の歴史
千軒の自然
アイヌ語地名
大千軒冬山わくわく体験塾
ワークキャンプ@森づくり
かがり火コンサート
福島町史研究会
読売 しまふくろう
その他
以前の記事
2015年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
フォロー中のブログ


カテゴリ:福島町史研究会( 4 )

第3回福島町歴史講座:伊能忠敬の道、福島町をゆく

第3回福島町歴史講座が開催されます。

タイトル:伊能忠敬の道、福島町をゆく

講演:福島町史研究会事務局長(伊能忠敬研究会会員) 中塚 徹朗 氏
               
日時:9月26日(月) 18:30~20:00

場所:福島町トンネル記念館シアター室

入場料:無料

主催:福島町教育委員会・福島町史研究会

江戸後期の測量家・伊能忠敬の
第1次測量(1800年)の目的地は蝦夷地。
そのスタート地点が福島町吉岡地区だ。
あの有名な「大日本沿海輿地全図」は
蝦夷地測量を含むの集大成である。
この講演では、
伊能日記と伊能大図とを見比べながら
忠敬の偉大なる足跡をたどる。

・併設ミニパネル展:伊能大図第32(箱館)と第36(蝦夷松前)の2枚のパネルを、お見せします。(北海道では、なかなか見られません)
・測量器具手作りグッズ展示:鉄工所社長の鳴海健児さんが自ら作ってくれた、伊能測量を彷彿とさせる手作り器具を展示。お楽しみに。
[PR]
by anjls | 2011-09-21 22:05 | 福島町史研究会

福島町史研究会 6月例会開催のお知らせ

~福島町千軒地区「一の渡」の歴史解説と藤の花観賞会~

古くから千軒「一の渡」は、知内川を最初に渡る(福島から知内)
場所として名づけられたと言われています。累代松前藩主はじめ
『日本来航日誌』ラクスマン・『未曾有記』遠山金四郎景普など、
古文書中旅の途中の昼食場所として、数多く記されています。
松浦武四郎は、詳細な記録3点と鳥瞰的な現地の絵を2枚残しています。

現在、古くから咲いていると伝わる
藤の花も満開を迎えて居りますので、
これを機会に現地にて歴史説明会を開催いたします。
お時間のある方は、是非御参加ください。

1.日時 6月19日(土)午前9時より12時まで。
2.場所 千軒 笹島義彦さん宅前
3.会費 会員は無料(※希望者のみ:昼食代〔千軒そば〕800円)
4.用具 長靴・虫除けスプレー・タオル・手袋など各自持参下さい。
5.歴史解説内容 
  殿様街道の一部を散策しながら、当時の「一の渡」を解説する。
  (松浦武四郎著作『蝦夷日誌』・『渡島日誌』・『竹四郎廻浦日記』引用)
  また、佐藤甚左衛門家の御休所跡で藤の花を観賞。
  知内川に入り、古橋の橋脚の一部を確認し、橋の歴史をひもとく。
  解説者:中塚 徹朗

◎ 会員以外の方も参加できます。(※事前にお知らせください。)

※お問い合わせは事務局長 中塚徹朗(0139-47-2053中塚建設内)までご連絡下さ
い。

福島町史研究会 会長 小笠原実
[PR]
by anjls | 2010-06-15 06:20 | 福島町史研究会

講演 「榎本家執事 武揚を語る」

e0070035_6541289.jpg


講演 「榎本家執事 武揚を語る」

昨夕、福島町史研究会主催の講演会が
開催されました。
この講演は、インターネットを通じ武揚ファン
の耳にも入り、東京などで話題になっていた
とのこと。
福島町内外から大勢の方々がいらっしゃいました。
ありがとうございます。

獄中日記の解説では、
武揚が獄中で牢名主にその座を譲られた逸話や
広範な近代日本科学技術の祖としての位置付けがすでに
この日記に披瀝されていたという解説。

また、開陽丸発掘の立役者石橋藤雄先生は
司馬遼太郎氏や山本寛斎氏の著作に登場していますが
石橋氏に司馬氏から何度も電話をいただいた話や
山本氏は、5度も石橋氏を訪ねて江差へ来ていらっしゃる
など、写真を交えて裏話をお知らせくださいました。

元々函館公会堂で活躍した語り部だけあって、
塩谷氏の歯に衣着せぬ語り口は
近代日本の万能人としての武揚像をくっきりと浮き彫りにし、
武揚4代目・5代目に伝わるDNAを彷彿とさせました。

また、「実学」を旗印に掲げる東京農大学祖として
の武揚の思いを披瀝し、福島町とのこれからの交流が
もたらす夢を膨らませてくださいました。

※次回講演会は、石橋藤雄先生をお招きして
5月25日(火)18:30から
福島町トンネル記念館シアター室にて
お楽しみに。
[PR]
by anjls | 2010-04-28 06:54 | 福島町史研究会

福島町史研究会 4月例会と講演会のお知らせ

福島町史研究会 4月例会と講演会のお知らせ

各位

山はやっと雪も解け、花々が南斜面に
咲き誇っているようです。季節の変わり目
みなさん、お変わりはありませんか。
さて、
急なご案内で申し訳御座いません。
下記の通り4月例会と講演会が御座いますので
興味の御ありの方は
みなさんいらっしゃって下さい。


         福島町史研究会 
         事務局長 中塚 徹朗



日時:4月27日(火)18:30~19:30
場所:福島町 青函トンネル記念館シアター室

講演タイトル
「榎本家執事 武揚を語る」
      榎本家執事 塩谷忍氏

   ・榎本武揚獄中日記の解説
   ・開陽丸引揚げの裏話



主催:福島町史研究会 
   会長 小笠原 実

----------------
塩谷忍氏 生い立ち

昭和15年樺太生まれ
昭和20年敗戦により北海道に引揚
昭和35年道立農業組合学校卒
  同年 ホクレン奉職
昭和47年ホクレン退職
昭和50年~庭師修行
    昭和50~58年日高町
    昭和59~72年東京

平成19年~榎本家執事

------------------


5月25日には、江差開陽丸発掘の切っ掛けをつくり
その著作多数ある
石橋藤雄先生の御講演を予定しています。
日時:5月25日(火)18:30~19:30
場所:福島町 青函トンネル記念館シアター室


以上よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by anjls | 2010-04-23 06:37 | 福島町史研究会